課題解決マーケティング情報サイト
[ Do! Solutions|ドゥ・ソリューションズ ]

      dx

      DXを制するものがマーケットを制する!消費財メーカーとリテールによる競争と共創

      DXを制するものがマーケットを制する!消費財メーカーとリテールによる競争と共創

      消費財メーカーにおいて、流通再販モデルから、流通小売と競争&共創するモデルへと変革が進んでいます。背景として、米国でどのような変革が起きているのか、大手小売会社であるウォルマートとAmazon、そして消費財メーカーのNIKEの例から解説します。では、消費財メーカーDXの成功確率を高めるためにはどうすれば良いのか?国内事例も合わせて紹介します。

      デジタル/UX組織の立ち上げ成功のコツとは? 「立ち上げ期」「実践期」「拡大期」3ステップを徹底解説

      デジタル/UX組織の立ち上げ成功のコツとは? 「立ち上げ期」「実践期」「拡大期」3ステップを徹底解説

      時代のニーズに応え、「デジタル/UX組織」を立ち上げる企業が増えています。しかし、実際に組織を立ち上げるにはさまざまな課題があり、安定した運用を実現するには知見も必要です。デジタル/UX組織の成長フローごとに出てくる課題や成果を上げるためのポイントについて、実際の事例とともに紹介します。

      顧客起点のビジネストランスフォーメーション、推進のための実践知

      顧客起点のビジネストランスフォーメーション、推進のための実践知

      DXを単なるデジタル化で終わらせず、事業成果に結びつけてビジネスの変革を成し遂げるためにはどのようなアプローチが必要なのでしょうか。理解しておきたいDXの本質や目的について、電通デジタル・ビジネストランスフォーメーション部門の安田裕美子が解説します。

      モノコトからイミの時代へ。消費者とともに育てるD2C時代のブランド再構築支援

      モノコトからイミの時代へ。消費者とともに育てるD2C時代のブランド再構築支援

      「モノ消費」から「コト消費」、そして「イミ消費」の時代へと、これまでとは異なる価値観に基づいた消費スタイルが台頭し、あらゆるマーケットに大きな影響を与えています。そうした中でブランドはどのように変化すればいいのでしょうか。“具体的な一人”に買ってもらう方法から逆算したマーケティング手法について、D2C/DNVBの事例と共に解説します。

      データの未来。クリエーティビティで、社会と事業を変えていく

      データの未来。クリエーティビティで、社会と事業を変えていく

      卓越したクリエーティビティでデータを駆使し、さまざまな事業課題を解決してきた電通メンバー3名が語る「データの未来」とは?自社のビジョンやブランドがもつ哲学を顧客が必要とするサービスに昇華し、社会をよりよくしていくために真に必要なデータ活用について、具体的な事業開発の事例と共に紹介します。

      OMO時代の顧客体験はどう向上させるべき? リアルとバーチャルの顧客接点を強化した積水ハウスの取り組み

      OMO時代の顧客体験はどう向上させるべき? リアルとバーチャルの顧客接点を強化した積水ハウスの取り組み

      オンラインとオフラインをひとつに統合していくDXの考え方を、「OMO(Online Merges Offline)」といいます。重要性が高まる顧客とのオンライン接点づくりのヒントを得るべく、積水ハウスがスタートした「おうちで住まいづくり」の事例を紹介します。OMOにおける"つくりだすべき顧客体験"とは。

      電通的マーケティングDX、その先にある世界 -これまでの歩みと現在地、そしてこれから-

      電通的マーケティングDX、その先にある世界 -これまでの歩みと現在地、そしてこれから-

      PDMウェビナー2日目に行われたセッション「電通的マーケティングDX、その先にある世界 -これまでの歩みと現在地、そしてこれから-」の内容をまとめます。「電通的デジタライゼーション」とはどのような取り組みなのか、強みや今後の展開について、電通グループ/電通ジャパンネットワークの中津久美子が紹介しました。

      New Normal時代のマーケティングに必須な3つのキーワードとは?

      New Normal時代のマーケティングに必須な3つのキーワードとは?

      3日間にわたり開催された「People Driven Marketing® 実践ウェビナー2020」。1日目のキーノートで紹介された、電通が取り組んできたPeople Driven Marketing®(ピープル ドリブン マーケティング)の現在地と、今回のウェビナーの全体像についてまとめています。

      DXに必要な4つの視点を提言!個人が主役の時代を見据えた「クリエーティビティが拓くブランドの未来」とは

      DXに必要な4つの視点を提言!個人が主役の時代を見据えた「クリエーティビティが拓くブランドの未来」とは

      デジタルの進化により人々の価値観が変容している昨今において、企業やブランドはDXのビジョンをどう描けばいいのでしょうか?通デジタルのエグゼクティブクリエーティブディレクター佐久間崇(さくま・たかし)が、その本質や原理原則をもとに「クリエーティビティが拓くブランドの未来」について紐解きます。

      1

      RECOMMEND

      PDM(People Driven Marketing)ファンコミュニティクラウド
      無料

      mail magazine

      最新ソリューションネタを
      メールでお届けします!

      ALL TAG