課題解決マーケティング情報サイト
[ Do! Solutions|ドゥ・ソリューションズ ]

      コマースソリューション

      コマース・サクセス・ フレームワーク

      世界基準で企業のコマースマーケティングの実力を診断

       成長著しいEコマースは企業の成長戦略の一部として欠かせない販売チャネルとなっています。しかしながら、ECチャネルは従来の販売チャネルと特徴が大きく異なり、どのような体制・戦略で取り組むべきか、自社の知識だけでは判断しにくいという声が多く聞かれます。また、既存のオフラインの取り組みとどのように連携すべきか、OMO(Online Merges Offline)についても悩ましい課題です。

       コマース・サクセス・フレームワークは、ECを中心とするデジタルコマースのマーケティングの取り組みのレベル及び課題を、4カテゴリと12の診断軸で計測します。検索対策や広告施策といったマーケティングのみならず、在庫システムとの連携、オン・オフ横断の顧客対応のレベルなど、ECを支える体制も含めてコマースの全体像を診断します。

      グローバル全業界平均 (iProspect調べ)

       Eコマースの拡大のために、多くの顧客をウェブサイトに誘導しようと、集客に力を入れる企業が多くあります。しかしながら、せっかく集客しても顧客が商品やブランドに魅力を感じなければ意味がありません。また、商品に人気があっても、顧客が殺到したときに在庫切れでは、かえって信頼を失ってしまう可能性もあります。Eコマースをはじめとするコマースマーケティングの設計では、商品が売場にしっかり準備され(Availability)、目的の商品を見つけ(Findability)、商品の価値と価格に納得し(Buyability)、購入した商品に満足し継続してもらう(Repeatability)というサイクルのバランスが重要となります。

       コマース・サクセス・フレームワークでは、これらの要素を網羅的に診断項目に取り込み、世界100社以上の企業をスコア化しています。そして、それらをベンチマークとし、企業の弱みと強みを見える化して、今後の進むべき方向を明確化します。

      EC戦略策定のためのEC分析vol.1

      CONTACT

      ご不明な点がございましたら、
      お気軽にお問い合わせください。

      RECOMMEND

      Amazon広告の基本とベストプラクティスvol.1
      無料

      mail magazine

      最新ソリューションネタを
      メールでお届けします!

      ALL TAG