課題解決マーケティング情報サイト
[ Do! Solutions|ドゥ・ソリューションズ ]

      コマースソリューション

      ECプラットフォーム・ マーケティング最適化ツール

      ベースプランニングを広告指標からビジネス指標にシフト

       グーグルやフェイスブックと並び、アマゾンは広告メディアとしても欠かせない存在になりつつあります。そういった状況があるなかで各社は、打った広告に対してどれだけ売上があったかを表すROAS(売上/広告費率)を指標としてアマゾンマーケティングを最適化し、アマゾンビジネスを最大化しようとしてきました。しかし、実はROASがよくても純利益や実売数、新規顧客獲得としては、最適化されていないことがしばしばあります。アマゾンビジネスにおける成功のカギは全体の収益性です。そのためには、出品商品に関する様々な因子データを総合的に判断し、利益率や在庫状況、競合状況などもリアルタイムで管理する必要があります。

       電通グループが開発したECプラットフォーム・マーケティング最適化ツール、CIO(Commerce Intelligence & Optimization)は、ベンダーセントラルとのデータ統合により、在庫などの情報と広告管理情報を一度に扱うことを可能にします。さらには、独自のデータ収集により、競合ブランドの広告活動をモニタリングし、競合へのカウンター施策をタイムリーに実施することを可能にします。

       CIOはアマゾンの広告管理で工数をとられていた様々なタスクの効率化も実現します。ECプラットフォームにおける広告は、ブランド単位ではなくアイテム単位で管理されるため、キャンペーンの管理が煩雑になり、スピーディーな意思決定の阻害要因となっています。CIOでは独自のキャンペーン管理システムを提供することで、工数の削減を実現するだけでなく、設定の変更を記録するEventカレンダー機能により、売上の変動の要因を容易に明らかにします。

       さらに、自動入札機能、Dayparting機能(時間帯別自動入札調整)、ルールベース入札機能など、広告管理の自動化・省力化機能も搭載し、日々の運営で得られた知見を登録・自動化することで、担当者はより戦略的な意思決定に注力できるようになります。

       CIOはグローバル体制で開発を行っています。そのため、世界のアマゾンのマーケティングで活用できます。また、世界中からアクセスできるので、各国のアマゾンマーケティングのサポートを日本から行うことができ、アマゾンマーケティングのノウハウが少ない海外拠点の支援にも最適です。

      Amazon広告の基本とベストプラクティスvol.1

      CONTACT

      ご不明な点がございましたら、
      お気軽にお問い合わせください。

      RECOMMEND

      ハンブルリーダー養成講座Vol.1
      無料

      mail magazine

      最新ソリューションネタを
      メールでお届けします!

      ALL TAG